スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDレコーダー

ここ数年、我が家の録画、視聴環境を、PC中心にこねくり回してあーだこーだしてましたが、どうにもキツくなってきたのでBDレコーダーを購入して一発解決を狙いました。買ったのはモデルチェンジ寸前で価格が下がってた、パナのDMR-BRZ1010です。

そもそも一番のネックは、スカパープレミアム。すでにスターデジオ録音、フジNEXTのF1、AT-Xのアニメ録画しか使っておらず、何度も解約しようと思ったのですが、スカパー自身が長年の生活サイクルに取り込まれてることもあり、なかなかやめられない。特にAT-Xとかでボトムズとかレイズナーとか1年かけて懐かしロボアニメを再放送されると、もう完全にお手上げなんですよね(笑)

旧スカパー時代はアナログチューナーでPC録画してまして、それはそれは便利にやっておりましたが、HD(現プレミアム)に移行する際、録画手段がちょうど東芝レコぐらいしかなく、非常に使い勝手が悪いのに耐えつつ使っておりました。円盤がBDじゃなくてDVDHDというのも大変なネックでした。
やがてアイ・オーデータからRECBOX、BD-Rドライブ+DTCP-IPレコーダーが登場し、多少の利便性は改善されたものの、やっぱりBD保存は制限やトラブルがありまして、特にネットワーク転送の不安定さや録画ファイルの破損によって、この焼き込み自体が失敗するダメージがでかい。しかもこれにビビってファイルをHDDにため込んだ時に限って、RECBOXのHDDが破損するという…orz
そしてさらなるとどめは意外な方から。Windows10のアップデートで、これまで元気にBD焼きしてくれたDTCP-IPレコーダーちゃんがBSoDを引き起こすようになったのです。これについてはWin10で動作する同等のアプリが全く無く、取り急ぎ安いWindows8.1マシンを確保したりしましたが、もう我慢の限界。

なお嫁さんが支配権を持つTVのHDD録画も、希にBDに残したい番組があったりして、とにかくネットワーク転送+BD焼きが可能な機器が必要だったわけです。…ふぅ、ここまでが散財に対する自分自身への言い訳です。前置き長すぎですが、大事なところなので(笑)


さて、満を持して購入のBRZ1010ですが、さすがに6年の月日による進歩はハンパ無く、これまで抱えてた不満がほぼいっぺんに解決しました。中でも東芝系の弱点である、ネットワーク録画、転送中の操作一切不可ってのが無くなったのが大きいです。転送中はぼーっと放送中のTV番組を見るしか無かった、あるいは嫁が録画視聴中は待機するしかなかったのが、ネット転送受けしながら録画を視聴しつつ、さらにBDに焼きこめるため、録りだめたヤツの処理が恐ろしく捗ります。

DLNAクライアントとしてもまずまずでした。うちにある全録画ファイルの再生(PMSより)はもちろんのこと、録画済メディア、円盤の再生も問題無し。これまでPS3最強!PC最強!だったのですが、ようやくTV周りから撤去することができます。
DLNAサーバーとしても問題はないと思われます。スマホからPMAでの再生しか試していませんが、おそらくPS3やレグザからも大丈夫かと。

唯一の制限として、ネット録画(転送やスカパー録画)とDLNA関連の機能が同時に使えないことがありますが、逆にスカパーのネット録画中番組が追っかけ再生できたり、HDDやメディアは普通に再生、編集できるメリットでカバーできます。
さらに個人的にすげぇ便利と思ったのが、BD-Rからのムーブ。先述の焼きミスやファイル破損でシリーズ番組の1話だけ抜けてる、1話だけ別のBD-Rに入ってるって場合、改めてまとめなおすことができるし、タイトルやチャプター編集もし直せるヽ(´ー`)ノ


というわけで、今せっせとRECBOX内の番組を移しつつ、BD-Rに焼きまくりつつ、録画を消化しています。問題はその時間すら最近なかなかまとまって取れないこと。もうちょっと仕事がヒマだと楽なのになぁ…。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。