スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンプラと連休 その1

嫁さんが仕事だったのでお盆休みは子守りでほぼ終了でした。今回は何もしないって割り切ったので、それなりにのんびりはできましたが。釣りはあまりの暑さに控えめに。魚より先に干物になっちゃう。

ギャン
右手の武器がサーベルのみという漢仕様。部品点数も少なく塗り分けも不要なので楽かと思いきや、胸のパーツと肩関節の後ハメ方法を思いつかず適当に処理することに。しかも関節全部ポリキャップという事に接着してから気付く間抜け。あと頭部のモノアイレールの縁に樹脂欠けが。とにかく細かいところの処理に予想以上に迷いました。おまけにギャンに罪は無いのですが、たまたま塗装期間と豪雨が重なりまして、やたらカブりや水吹きが出る始末。写真では分かりづらいんですが、出来映えは酷いもんです。うーん…こりゃゲルググとか思いやられる…。色は適当に混ぜた割には思い通りになったんですが、もう一度同じ色作れと言われても無理ですな。

KIMG0030.jpg

ゴッグ
部品点数が異常に少ない&1パーツの大きさが凄い。まるで球型パズルかレゴを組んでるかのよう(笑)後ハメは腹部の赤いところ、その腹部と胸部のつなぎ、肩パーツ、ツメと意外に多いですが、これも作例が豊富なので胴体部はさくっと真似て特に苦労無し。問題はツメ。こちらは何をどうやっても面倒くさそうだったのでモールド処理でお茶を濁しました。今にして思えばツメだけ塗って接着、合わせ目消し、再塗装でも良かったかも。他に頭のてっぺんや腹部の○の色分けが必要だったり、やたら広い面積を塗らないといけなかったりと地味に大変でした。こうして見るとちょっとカッコイイし可愛いんですけどね、でも可愛さならアッガイ、かっこよさならズゴック、ゴツさはゾックに負けるような。これがハイゴッグになるともはや別物のかっこよさなんですけどねぇ。

KIMG0031.jpg

ジム
以前むしゃくしゃしてピンクで塗ってしまったので、今度は普通のカラーで1体。エリの合わせ目消しと足首の塗り分けが面倒な以外、特に困ることもなくさくっと。この手軽さ、気軽さは安価なジムならではですなぁ。ギャンの後だと特に出来映えに感動します。が、肝心の”普通の”色ってのを激しく勘違いしてたようで、下半身を薄い青緑色で塗ってしまいました。よくよくTV映像を見てみるとボールと同じうすーい灰白色っぽい。旧キットもこのキットも樹脂色は薄い青緑色なんですが、出所はどこ??強いて言えばMSイグルーっつーOVAに出てくるガラの悪いジムがこれっぽいです。うーむ。まぁ青緑色でもそんなに悪くないか。

KIMG0037.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。