スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっぷりと

ガンプラにはまっておりますよー(`・ω・´)
いや、Amazonだか楽天だかのリンクで安いエアーブラシがありまして、そいつがそこそこ評判が良かったのがきっかけだったんですけどね。エアーブラシつったらプラモ狂四郎世代には憧れのツールじゃないですか。それがたった7,000円程度で手に入るなんて買わざるをえんでしょう(-_-)
でももちろんそううまく事が運ぶわけ無いわけでして、誤算も結構あったりして。

誤算1:エアーブラシの威力を試そうとして買ったHGUCガンプラがほぼ塗装要らずの超絶なデキだった(´・ω・`)
誤算2:塗装ブースと防毒マスクが無いと死ぬ。冗談抜きで死ぬ(´・ω・`)
誤算3:ツールや塗料が高いよ( ̄□ ̄;)

1はある意味嬉しい驚きといいますか。1/144ガンダムの角とアゴすらパーツで色分けされてるなんて思いもよらなかった。なおその後ジム、ジム寒冷地仕様、シャアザク、ハイゴッグと安いやつばかり買いあさりましたが、ぶっちゃけどいつもこいつも膝と腕、胴体上部の継ぎ目消しさえ諦めれば塗装不要なレベル。特にハイゴッグは元々水色単色かつ面積が広いパーツが多いので、生半可な腕で塗装しないのが吉といえましょう。まさかいきなりブラシの存在意義がゆらぐとは。数百円のキットのデキがここまで進化してるとはおっちゃんびっくりだよ…。

2は塗装ミストやシンナー臭の問題ですね。今は物置になってる別棟があるので、ここのスペースを少し確保して1時間ほどサーフェイサーを吹いてみたんですが…ふと部屋を見渡すと、かるーくもやがかかったような状態に。そして段ボールの障壁はおろかその背面の新聞紙に薄く積もる粉。ヤバいよ、これ吸い続けたら塵肺確定だよ( ̄□ ̄;)それ以前にシンナー臭で気分が悪いよ…。
サーフェイサーを吹いただけでこの惨事だったのでその日の内に安い塗装ブースと防毒マスクを購入。これがセットでエアーブラシより高かったというorz

3は腕前や工夫次第で改善するとは思うんですが…現状塗料代も馬鹿にならない感じです。吹き方がヘタなせいもあるのですが、筆塗りよりもかなり塗料を消費するような??ジム1体塗るのに白を使い切ってしまいました。で、グンゼのカラーって昔は1色100円くらいだった気がするんですが、今は色によっては170円くらいします。例えばガンダムで白赤青黄灰の5色を買うとキットより高くなるという( ̄□ ̄;)
工具類や消耗品も塵も積もればって感じで、一つ一つは安くても数が必要だったり。例えば空瓶だったり調合皿だったりスポイドだったりフィルターだったり。あーあとデザインナイフを昔から愛用してたんですけどね、今回子供に「危ないから近づいちゃいかんよー」なんて言いながらバリを削ってたら指をサックリやってしまいまして。これが結構な流血ですっかり怖じ気づいてしまい、2,000円近くする薄刃ニッパーを買ってしまったわけですよ(´・ω・`) 無様すぎる…。

まぁ指が無くなったり塵肺になったり歯が溶けたりっていう危険を回避する意味では良い金の使い方だとは思うのですが、そもそもエアーブラシが安くて気軽に使えそうってのが事の発端だったはずなのに。どうしてこうなった。
スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。